20代の家作り

美味しいビールとコーヒが飲める家を目指して

土地を先に買ったことで間取り決めに生じた影響

タイトルの通りですが、

 

僕は間取りを決定する前に土地を購入しました。

 

間取りの決定と土地の購入、

 

どちらを先にした方がいいのか僕には分かりません笑

 

ただ、土地の性質を細かく知らずに購入したので、

 

間取りを決める際にすこーーし困ったことがありました。

 

今回はそのことについてお話しようと思います。

 

 

北側斜線制限

 

みなさんは北側斜線制限という言葉をご存知ですか?

 

僕は知りませんでした笑

 

 

f:id:ma-miso:20200323012405p:plain

 

 

 

これは自分の家に対して北側に建つ家にも日光がしっかりとあたるように、

 

”北側をあまり高くしないでくださいーー”

 

という高さ制限が設けられるというものです。

 

上の画像にも”第一種高度地区斜線”というように斜線が引いてありますよね。

 

その斜線より高くしちゃいけないというわけですね。

 

 

北側車線制限によりロフト案が消滅

 

 

f:id:ma-miso:20200323013204p:plain

 

当初はロフトに憧れがありました。

 

また、階段は南面の眺望に干渉しないように、

 

赤丸付近にボックス階段を設置するような間取りを考えていました。

 

 

しかしこれがですね...

 

赤丸付近にボックス階段+階段の先にロフト(ほぼ3階)となると、

 

北側が高くなって斜線制限に引っかかるというわけなんですね。

 

それによってなんとなーーく思い描いていたプランが崩れてしまいました。

 

 

北側車線制限は屋根の向きや形にも影響

 

 

f:id:ma-miso:20171127144934p:plain

 

 

頭の中で屋根の向きを90°回転してみてください。

 

 

どうでしょう?

 

 

 

がっっつり斜線制限に引っかかります

 

 

 

 

斜線に沿うように屋根を設けなければならないので、

 

ある程度屋根の形が決まってしまいます。

 

これによって勾配天井のデザインに影響が出ていました。

 

 

さいごに

 

土地によって出来ることは決まってくるので、

 

土地の性質は知っておいたほうがよさそうですーーー。