20代の家作り

美味しいビールとコーヒが飲める家を目指して

バリアフリー:アプローチ編

僕は仕事の関係で障がいを抱えた方と関わる機会が多く、

 

またその方々のお宅に訪問する機会も非常に多いです。

 

そのような方々にとって住環境とは非常に重要な事柄で、

 

住環境が整っておらず在宅生活が困難となる方を多くみてきました。

 

そこで!!!

 

これから何回かに分けて、

 

僕の知識と経験に基づく病気や加齢に強い物件についてお話したいと思います!!

 

今回は玄関まで続くアプローチについてお話しします!!

 

玄関までに階段のある土地

 

f:id:ma-miso:20191025204105j:plain

 

過去に経験したケースだと、

 

50代で脳卒中の後遺症によって階段が登れなくなり、

 

このような立地であるが故に施設に入所した方がいました。

 

 

f:id:ma-miso:20180125162009j:plain



このような階段昇降機というものもありますが、

 

百数十万程度しますから、

 

なかなか設置するケースは見かけたことないです。

 

f:id:ma-miso:20180125162425p:plain

 

過去に一度だけ災害用の椅子担架で家に入る家族をみたことはあります。

 

でも常に家族がいるわけではありませんから、

 

これもあまり現実的ではないですね...。

 

f:id:ma-miso:20180125161558j:plain

 

簡易スロープがあるので数段程度なら問題無いです!!

 

コストもそこまでかからないので、

 

この簡易スロープを利用しているケースは非常に多いですーー。

 

飛び石のあるアプローチ

 

f:id:ma-miso:20191025205850j:plain

 

最近だと枕木を敷いているアプローチも多いですよね。

 

個人的に見た目は大好きです笑

 

ただ以前経験したケースだと、

 

2世帯住宅でおばあちゃんが車椅子生活となり、

 

アプローチが砂利と飛び石でつくられた純和風なお宅だったので、

 

車椅子が通れなかったということがありました。

 

この時はアプローチを全てコンクリートで平らに直していましたね。

 

わが家に関して

 

f:id:ma-miso:20180711204217j:plain

 

 

 

玄関の段差に手すりが無いのでいつかのぼり辛くなる可能性があります笑

 

 

そうなんです。

 

僕はある程度バリアフリーに知識があるんですが、

 

わが家はあまりバリアフリーに特化していないんです笑

 

その辺りも今後少しずつ紹介していきます!!

 

さいごの前に

 

ブログをみている方ってきっと若い人達が多いと思うんです。

 

歩けなくなる将来なんて想像し難いですよね。

 

家の中の段差を極力減らすことはもちろんですが、

 

その他にも細かいテクニックはたくさんあります!

 

例えば玄関に手すりがなくても下駄箱で何とかなるとか。

 

その辺りを今後まったーーーーーーーーーーーーーーりと

 

紹介していきます。

 

そう、

 

まっっったーーーーーーーーーーーーーりとです笑

 

さいごに

 

みなさまブックマークコメントでのコメントありがとうございます!

 

この1年くらいレスポンスが全く無い状態でブログを書いていたので、

 

コメントを頂けるとブログのモチベーションもあがりますし、

 

更新率もあがりそうな予感がします笑

 

ただ嬉しい反面、

 

はてなブックマークのコメントに対する返信の仕方が分からず、

 

若干困惑しております笑

 

意図的にスルーしているわけではないことをご理解下さい...笑